top of page
Image20240127055818.jpg
検索
  • 執筆者の写真きなこ みるく

「頭のいい人が話す前に考えていること」

読んでいてすごく勉強になった本があったので、紹介します。

記念すべき第1冊目の読書記録です。

安藤裕也さんの「頭のいい人が話す前に考えていること」という本で、

信頼される思考法について書かれています。

「2回読み返さなくても良い本を目指しました」とある通り

実際、巻頭に丁寧なまとめページがあるのですが、

読み返す必要がなかったとしても読み返したくなります。

(まとめページは冷蔵庫のドアに貼りました。)

 ❶話が浅い人の特徴

 ❷話を整理するコツ

 ❸傾聴する態度

 ❹本質をつかむ質問法

などのセクションに分かれています。

思考法について具体例で噛み砕きつつ、体系化して説明されていたので、

「で、結局どうすれば良いんだっけ?」ではなく、

「明日はこのセクションにあった内容を実践してみよう!」と思えました。

私のように、「話が浅い」とか「説明が下手くそ」であることに悩んでいる人は、

ぜひ読んでみてください。

 参考文献:安達裕哉、頭のいい人が話す前に考えていること、ダイヤモンド社、2023年

Comments


bottom of page